sunaowamuteki’s blog

与えられたものに目を向けて生きる。思索好きの天邪鬼。


愛蔵版☆三国志(横山光輝)

三国志横山光輝)を読み返してました

25日から集金が始まり🚲ヘトヘトりんこ(;´Д`)だったのでブログを休んでたのですが、この3日間のそれに代わるアラフィフ主婦の癒しというか、気分転換がこの「三国志」でした。日経電子のバーン! ←関係ない。

 

愛蔵版 三国志

f:id:sunaowamuteki:20180828181411j:plain

若い時も同じのを読んだのですが、何回か引っ越ししてるうちに古本で売ったのか処分したのか忘れましたが、持っていませんでした。

10年ほど前に、また読みたくなってネットで調べると写真のような「特別仕様」っぽいのが売ってたので「一生モンにしよう」と大枚をはたき、大人買いしました。

 

中身はこの様になっております。↓

f:id:sunaowamuteki:20180828182022j:plain

一冊につき一枚の、主要登場人物のしおり付きです。このしおりの人物が誰かわかる人はこの漫画を何度か読み返してる人ですよね。ふふふ。(*'ω'*)

あ、余計なお世話ですが、書籍類をネットで買うならAmazonが到着が早いです。画面右下にバナー有です。(*'▽')
 

このような漫画版ではなく、小説で読まれた方も多いと思います。私も読んでみましたが、まったく入り込めませんでした・・・。私にはムリやったみたい。


陳 舜臣の「諸葛孔明」上下巻は読みました。でも、何が書いてあったのか全然思い出せません

 

三国志の登場人物の誰に萌える?

三国志が好きな人には「どの登場人物が一番好きか」というのがあると思いますが、私はいま、張飛に萌え萌え中です。
どこがってただただ直情的で、どこまでも大きく出たり、そうかと思えば自分を恥じて縮こまったりして、もうもう、たまりません。可愛い過ぎます。(*´ω`*)

関羽については、そういうのとは別格で好きです。もしも、好きな人間に自分がなれるなら関羽です。いやもう、あんなふうに生きれたらサイコーですよね。潔さにホレボレします。

いま読み返してるところではまだ出てきてませんが、シブさで言えば趙雲ですよね。

あと、おジイちゃん部門(?)では黄忠です。萌え♡ます。

 

妄想の楽しみ方※読み飛ばして下さって結構です。

妄想じたいに何の説明も言い訳も必要がない方のみ、お付き合いください。

 

張飛
萌え萌えの張飛に対しては、私は置屋のおかみという立ち位置で。
時々、「飲んでばっかりおらんと!」とか言って美味しい「お茶漬」や「天むす」などを食べさせたい。

関羽

関羽寺子屋か武道かの先生という設定で。
私はそこで、事務方として一緒に働くうら若い乙女。恋人ではないが公私にわたり世話を焼く。

趙雲
夫の部下。ボディーガード兼運転手。

黄忠
孫娘になって、甘え倒したい。

 

ところで三国志に感じるロマンは・・・

・物語の途中で主要人物たちが皆、寿命が尽きていくところ。

・その最後は諸葛孔明ですが、不世出の天才が全身全霊をもってしてもその志を叶えられなかったところ。

・自分以外の人間は、決して自分の思い通りにはいかないのだと思えるところ。

 

 とまあ、こーんな感じで読み返し中です。実は4~5度目ぐらい。(;^ω^) 

何度でも楽しめる、買っといて良かった「愛蔵版☆三国志」です~。(´ω`*)