sunaowamuteki’s blog

与えられたものに目を向けて生きる。思索好きの天邪鬼。

                          

ウルトラマラソンの思い出

ブログテーマに「旅行と雑記の記事が多い」と記しておきながら、いつの間にか「雑記と食べ物の記事が多い」になってしまっている事に昨夜👀気付きました。

 

なので、2年前の9月に夕日ケ浦温泉に2泊した時の事を書きます。

↓お宿は「友善」です。宿の窓からの夕日。

f:id:sunaowamuteki:20180701004135j:plain

ところでウルトラマラソンをご存知でしょうか?
フルマラソンは42.195キロですが、それを超える距離を設定して行われるのがウルトラマラソンです。
日本では50キロや100キロがメジャーなようで。

100キロ・・・?そんなん誰が走るん(・ω・)ノ

私はそう思いますが夫がチャレンジしました。
歴史街道丹後ウルトラマラソン100㎞」に。

  

スタートが朝4:30なので、前泊せねばなりません。
で、さすがに走った当日にそのまま車を運転して帰るのはムリ。なので、計2泊となります。

 

今まで一度も、夫のマラソンの応援に行った事のない私。


でもこの時ばかりは、日本海の幸と温泉を堪能すべく夫の身が心配になって私も同行する事になりました。

 

↓一泊目の夕食。🐟魚好きの私には天国。造り各種の船盛りにブイヤベース。

f:id:sunaowamuteki:20180701015559j:plain

他にもあつもの・てんぷら・ロ-ストビーフも。食べきれなかったのは初めて。

 

翌日早朝の空が暗いうち、夫は先にマラソンの出発&ゴールの会場となる「アミティ丹後」へいざ出発。

私はゆっくり寝て宿で朝食をお腹一杯食べてから、朝風呂&また寝る。

 

そして2時頃に路線バスで私もひとり「アミティ丹後」へ向かう。

 

 

↓快晴やし。宿からバス停までしばし歩く。 

f:id:sunaowamuteki:20180701020244j:plain

 

 

↓HPリンク先。興味のある方はどうぞ。今年もやってるみたいです。
www.r-wellness.com

 

朝4:30にスタートして、制限時間は14時間。この大会には2400名が参加❢❢

びっくりするわーホンマ。色んな世界があるモンや・・・。

 

私が会場に着いたら、もう表彰式が始まってて驚いた👀✨!私の記憶が正しければ、一番は中学生男子やったような・・・。(間違ってたらゴメン)

 

それぞれの出走者がゴールテープに近づいてきたら、アナウンスで名前を呼ばれる

 

私は夫から「もうすぐゴール」のメールを事前に受けて、ゴールテープのそばにデジカメを持って待機。

 

夫の名前が呼ばれ、姿が見えたらデジカメのムービーで夫がテープを切るところを撮影。

 

ほんで、時間内にゴールした人全員に記念メダルが貰えるから、大声で夫を呼んで「あっちでメダル貰っといでー!」と言い、メダルを首に掛けさせてゴール地点を背景にポーズを取らせて記念写真をパシャリ❢❢

 

これで私のミッションは終了ちなみに出走者の65%ぐらいが完走したらしい。スゴイわー。

 

身も心もヌケガラとなった夫を無事に宿まで一緒に連れて帰るべく、完走証書みたいなんを貰うのに代わりに列に並んだり、飲み物を買って来たり、送迎バスじゃなくタクシー乗り場を探したりして、無事に部屋に戻った。

 

↓2泊目の夕食。また船盛り天国🐟キンメの煮付けにハモの土瓶蒸しにカニ❢❢

f:id:sunaowamuteki:20180701021314j:plain

 この宿の海の幸はホンマに最高!夫は食欲より眠気が勝っていたので、しばらく畳の上に横たわっていた。

 

ネットでの事前情報で、100キロマラソン走ったら足の爪が全部剥がれるという体験談が多かったので、足にいいシューズで挑んだもののやっぱり全部剥がれました

 

 でも普通に温泉に浸かり、翌日に車を運転して帰宅し、その次の日には仕事へ出勤。

 

数日のあいだは、さすがにおジイちゃんみたいな動きになってました(;^ω^)

 

夫にとってイイ思い出になったようでした。でも、もう2度目の100キロチャレンジは無いそうです。