sunaowamuteki’s blog

与えられたものに目を向けて生きる。思索好きの天邪鬼。

                          

地獄谷野猿公苑と信州渋温泉のミステリーゾーン

外国人観光客の多い地獄谷野猿公苑

 

 

↓地上に噴き上がる温泉柱。

f:id:sunaowamuteki:20180429164511j:plain

 

↓温泉の恩恵にあずかるニホンザルたち。

f:id:sunaowamuteki:20180429164835j:plain

↓気持ちよさそう。

f:id:sunaowamuteki:20180429163803j:plain

 ↓ニン♪ニキニキニキ♪

f:id:sunaowamuteki:20180429164944j:plain

↓ボスザル。☆いらんことしいの若いサルがおってこのボスにヤキ入れられてた。

f:id:sunaowamuteki:20180429165219j:plain

↓かわいい子ザル

f:id:sunaowamuteki:20180429165415j:plain

 

感想

 

ここへは数年前の11月に行った。

この日は薄っすらと雪が積もっていて、このおサルさん達の露天風呂まで行くのに

足元が滑らないように気を付けながら、狭い階段を登るのがちとナンギだった。

 

外国人観光客が多くて「こんなとこまでわざわざ来はるんやな~」と驚いた。

 

とにかくみんな、写真を撮るのに夢中。

ここのおサルさん達は、観光客を全く気にしていない。こっちが何もしなければ、

おサルさん達も悪さをしてはこない。

 

この翌年が確か申年やったから、私も年賀状に使うために頑張って撮った。

 

 

 

湯田中渋温泉

 

千と千尋の神隠し」の油屋のモデルじゃないかと噂の一番人気「金具屋」さん

は、予約がいっぱいで取れませんでした。

↓金具屋HPリンク

【公式】歴史の宿金具屋 | 昔ながらの建築と温泉でしばしの時間旅行を

 

 以前のブログ記事で少し触れています。↓ 

sunaowamuteki.hatenablog.com

 

この温泉の目玉はやっぱり九湯めぐり。

渋温泉旅館組合HPリンク↓

信州 渋温泉

 

↓上記リンク先から引用

地面を掘ればすぐお湯が出てしまうというくらい、源泉が数多く存在する渋温泉。温泉王国といわれる長野県でもまれな、豊富な湯量と泉質が自慢です。渋の全ての旅館と外湯は100%源泉掛け流し。源泉によって成分が異なるので、鉄分が多く褐色を帯びたものから白濁するもの、緑がかったもの、無色透明など地中から湧き出たままの温泉が味わえます。効能も神経痛から美肌までさまざま。目的や体調に合わせて湯めぐりをお楽しみください。

 

  

もう少し距離が近かったら、何度でも通いたい温泉です。

 

 

ほんで、ミステリーゾーンとは何ぞや・・・?

 

 

こちらです↓

f:id:sunaowamuteki:20180429180539j:plain

 

 九湯めぐりをしている時に見つけ、夫がスマホで撮りました。

 

 

何が出てくるのかわからんのに、強気の110円!

 

夫と、「いっとく?いっとかなアカンでなあ、コレは」と110円を投入。

 

 

ボタンを押して出てきたのは、ファンタグレープでした。

まあ、いっか♪

 

 

 

この温泉で撮った写真がなぜか見つからず、温泉のHPのリンクを貼りました。

興味のある方はぜひご覧くださいませ。

 

 

おわり。