sunaowamuteki’s blog

フザケたり真面目に幸福を追求したりロマンを大切にしたりしながら生きてる日常。


他の人の旅行ブログ見てて思い出し笑い

私が体験したことじゃなくて、若い時に北新地でホステスのバイトしてた時に、

お客さんのⅠさんから聞いた話。

 

タイに出張行った時の飲み屋で、現地の男から「エエ子いてまっせ」と声かけら

れて、Ⅰさんは一緒に飲んでた同僚と2人でノコノコとついて行った。もう何回

も来てるタイやから油断して、相手の運転するワゴン車に乗り込んで走ること

3~40分。

 

周囲360度、田んぼしかない田舎で降りて、こっちこっちと案内されて民家に

入ったら白い煙りがもやっとしてて、エエ子じゃなくてごっついガタイで太い

二の腕にいかつい入れ墨の入ったオッちゃんが2人おった。

 

その瞬間、「死ぬ」と思ったらしい。と、同時にちょっと腹も据わった。

Ⅰさんはまだ酔っぱらってるフリで「若いコどこにおるねん」と油断しきった

テイでいかついオッちゃんに聞いた。

「向こうにおる」と、そのオッちゃんら2人が奥の部屋へ行った・・・とその時、

Ⅰさんは同僚の手を掴んで外に出て、置いてある原チャリにまたがり後ろに同僚

を乗せて、

 

盗んだバイクで走り出した。ゆく先もわからぬまま。

 

追いかけられへんようにライト消して走った。この道であってるのかも不明。

街頭なんかあるわけない本物の暗闇を走り続けた。

どれだけの時間を走ったんかわからんけど、2回田んぼに落ちたけど、街の

明かりが見えて、無事に帰った。

 

・・・ってゆう話。笑い過ぎて、細部は覚えてないんやけど。

 

 

おわり。