sunaowamuteki’s blog

与えられたものに目を向けて生きる。思索好きの天邪鬼。


大樋美術館

 

すんごい格式。

f:id:sunaowamuteki:20180324154548j:plain

 

ちょっと見たことない立派すぎる松がある。折鶴の松という

f:id:sunaowamuteki:20180326213338j:plain

 

このあと成巽閣と、石川伝統産業工芸館に行って・・・この日もめっちゃ暑くて、けっこうバテた記憶が。兼六園は以前に、バスツアーで雪の季節に行ったことがあったのでこの旅では寄らなかった。

 

ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAで休憩。美味しいケーキだけでなく、疲れた身体も癒される空間。

f:id:sunaowamuteki:20180326230145j:plain

 ここで、友人に焼き菓子をお土産に買って帰ったら「辻口さんのやんか~」と言って大いに喜ばれた。有名なパティシエのお店だったとそれで知った。

 

お昼ご飯は、帰りの特急電車内で駅弁

f:id:sunaowamuteki:20180326232132j:plain

 

以上でした。

 

旅のススメ

思い返すと結婚して初めての夏でした。この時はまだ、普通に働いていた頃です。
たぶん、初めての一人旅だったと思います。

 

まさか将来、自分がパニック障害になるなんて思いもしませんでした。コレにかかると移動が困難になります。

 

私は気分転換が得意で「退屈」という感情を持つことがほぼ無いタイプの人間です。精神疾患系には、まず、なる事はないと思ってました。
それに自分で言うのも何ですが、私は「根性がある」方です。でも、自分の持つあらゆる利点もパニック障害が起こると無力化します。

 

脳が勝手に、本当に勝手に突然「危険信号」を出し、でも現実は全然そうじゃないとわかっている自分もいるので「脳の危険信号」とそれに添った行動が出来ずにいる自分との精神上のアンバランスで瞬時にパニックが起こります。

自分の意志よりも、脳の信号が優勢でどうにもできません。なので、脳の危険信号の通りに、屋外へ走り出すとかのアクションが起こせる場所に常にいる事が安心な訳です。

 

ちょっと愚痴になりましたが要は、旅が好きな人は「行けるうちにどんどん行っとく方がいい」と言いたいのです。

 

お金があっても無くても、旅はできます。

旅で得られる自分の中の新しい感情をたくさん発見して、豊かな感受性に溢れた人生となるように。

旅する事をオススメします。

 

おわり。